国分連合青年団
2007年12月 国分の地車復活の先駆けとなる為塩路氏の手により製作され
国分連合青年団により曳行されてきた地車が22年間の役目を終えることになりました。



inserted by FC2 system